スイス 2007年6月

夜にチューリッヒに到着。

この日は空港からホテルに

直行。

10時を過ぎても

黄昏時。

2日目。

まずは、スイスの隣国の

小国リヒテンシュタインへ。

国と言っても大通りが

1本有るだけの小国。

後ろに見えるのが

ハイジの家。

おとぎ話の家。

あいにくユリア峠は雨。

Yorikoはバスに酔い

ダウン寸前。

薬を貰い回復。

 

バスに酔ったのなんて、

小学校以来かも。

ユリア峠でトイレに駆け込みました。

(危機一髪。 辛かった!)

朝食に、美味しいチーズを

食べ過ぎたからかな?

さすが、スイス! 毎朝美味しいチーズを

堪能しました。        (Yoriko)

 

朝のサンモリッツ。

清々しい朝を迎え、

気分は最高。

 

スキーで有名なリゾート地。

湖畔までの朝のハイキングは

とっても気持ちが良かったです。

            (Yoriko)

        

さ~~~、

いよいよ氷河特急へ。

勿論乗車は2等車。

アンデルマットへGO。

 

この時期、お花が見頃でした。

車窓からも、可愛いお花が

見えました。

車内で食べた、サンドイッチが

美味しかった! (Yoriko)

 

 

一瞬見えたブアッサー橋。

脱線事故が有ったのは

この付近かな?

特急って言っても

かなり遅く走ってます。

ローヌ氷河を見学。

温暖化でかなり侵食されて

いるとの事。

氷河の中を探索。

マッターホルン登山口の町、

チェルマットのホテルの部屋。

なんと屋根裏。

しかし、ここから眺める

マッターホルンは最高でした。

 

屋根裏部屋って言うけど、

この部屋が5階で最上階。

部屋からマッターホルンが見えたのは、

私が、くじ引きで、この部屋をゲット出来た

お陰ですからね!     (Yoriko)

 

朝焼けのマッターホルン。

山の頂上から

順次朝焼けが広がる光景は

圧巻。

ちょっと寒かったですが。

ゴルナーグラード展望台から見た

マッターホルン。

 

マッターホルン周りを

ハイキング。

普段の行いが良いのか

大変運が良くて

「逆さマッターホルン」バッチリ。

 

まるで、自分が撮ったみたいに

バッチリとか言ってるけど、

この写真撮るの苦労したんだから!

ツアーの最後尾にいて、「遅いぞー、早くしろー!」って

言ってたの誰だっけ?

それにもめげず、何とか満足の行く写真が撮れました。

お気に入りの一枚です。

ふだんの行いが良いのは、私かな? (Yoriko)

フランス、モンブラン展望台への

ロープウエー乗車駅

 

ここから、

いざ、エギュー・デイ・ミデー

3843mの展望台へ。

展望台から見た

アルプスの山々。

 

モンブラン初登頂の

銅像の前でパチリ。

フランス国内なので、

お洒落な町でした。

 

2泊したシャモニーの町は、

オシャレなカフェや、

お店がいっぱい。

のんびりと、街の散策を楽しみ

ました。      (Yoriko)

レマン湖のほとりの

シオン城。

はっきり言って

たいした事は無かった。

 

でも、湖のほとりにあるお城は

あまり無いし、外観は素敵でした

昔写真で見た憧れのシオン城は、

山の中の湖にひっそりと建っているのかと

思ったら、レマン湖周辺は、建物が多くて、

イメージと大違い!  (Yoriko)

Yoriko、

アルプスホルンに挑戦。

 

流石、元ボディービルダー、

ちゃんと音は出てました。

 

この日もハイキング。

アイガー、メンヒ、ユングラウの

大パノラマを眺めながらの

ハイキング。

天気も良く、最高でした。

 

ランチは、大きなソーセージと

ポテト。 それにデザートのプリン。

とっても美味でした。 (Yoriko)

一面に咲いてる

高山植物。

6月が1年で最高に

綺麗だそうです。

 

高山植物の種類が多くて、

黄色、ピンク、ブルー、白と、

色とりどりの花々。 

とっても、綺麗でした。 (Yoriko)

 

トップ・オブザ・ヨーロッパ。

スフィンクス展望台にて。

 

スイスの国旗を下げて

パチリ。

元に戻したかな~~?

旅行最後は

ベルン観光。

丘の上から見ると

美しいですが、

町に入ると、それほどでも。

Hey Visitor!